Resarch of INAI Laboratory

 

ペプチド鎖末端での不斉相互作用



 通常、多くの生体らせんは片方のらせん構造(”右巻き”か”左巻き”)を形成しているが、これはキラルな化学種が共有結合で鎖中に組み込まれることに基づく。

 近年、光学不活性な人工らせんに様々な外部刺激(添加剤、溶媒、光)が作用することによって、片方のらせん構造が発現する現象が注目されている。これらの現象は単にらせん骨格を基としたキラルセンシングの興味だけでなく、生体らせんの巻き方向の発現やキラル情報の伝播・増幅機構を理解する上で非常に興味深い。

 私たちは、最近、らせん形成性の高いアキラルペプチドを用いて分子間相互作用によるらせん構造の制御を試みてきた。さらに、主鎖や側鎖におけるキラル相互作用とは対照的に、相互作用点をペプチドの末端におくことで、1つのらせんを1点での作用点で制御できるかどうかを検証してきた。

 以下に示す3つのテーマについて重点的に研究を行ってきたので、研究成果の一部を紹介する。
 

  1. 非共有結合型キラルドミノ効果
    - Noncovalent Chiral Domino Effect -

  2. 外部キラリティを用いたペプチドらせんの巻き方向の制御
    - Chirality-Induced Control of Peptide Helix-


  3. ドミノ効果のしくみ
    - Mechanism for the NCDE -
  

back to top page